機能ガイド

オプションビット(OptionBit) 各オプション取引&機能 紹介

オプションビット(OptionBit)サイトでご利用可能な各オプション取引&機能についてご案内していきます。まずは、オプションビットサイトで提供している各機能からご紹介してまいります。

●アルゴビットツール
こちらは、もうお馴染み!
オプションビット(OptionBit)でも大人気となったアルゴビットツールです。トレーダーの皆さんの為に、オプションビット側の方で高額な予算を掛け、オリジナルブランドとして開発されたシグナルツールです。

このアルゴビットツールの存在こそが、国内でもオプションビットサイトの名が全国区で広まったと言っても過言ではありません。使い方はとても簡単!お薦めの取引銘柄に合わせて(高)または(低)の予想をしてくれるシグナル予想ツールです。

勿論今現在でも、オプションビット(OptionBit)登録者全員に無料にてご利用可能!

また通常の最低投資額は1,000円ですが、アルゴビットツールご利用の場合に限り500円からご利用頂ける、今でも根強い人気を誇るオプションビット自慢のオリジナルツールです。

●フォロートレード
次にご紹介するのが、こちらも大人気のフォロートレードです。機能内容は、オプションビット(OptionBit)側で厳選されたトレーダーに対し、勝率、利益率、コピー回数、お薦め度、取引回数などをチェックしながらお薦めトレーダーを選択し、あなた自身もフォロー(コピー)しながらトレードが出来るというお助けトレード機能なのです。

最近、この手のコピートレードを提供している業者もめっきりと減ってきましたが、オプションビットサイトでは今でも健在です。また、2017年11月のリニューアルと共に、このフォロートレードも新しく生まれ変わり、トレードしやすくなりました。

また、厳選されたトレーダーに対し、投資額を2倍3倍にしてトレードが出来きたり、更に権利放棄でトレードを中断させたりと、様々な機能も満載です。

●経済指標予想
経済指標とは、それぞれの国の物価や金融政策、景気状況などの経済状況を数値化して、過去、現在の経済の状況を分かりやすく表した情報です。

オプションビットサイトでも、オープン当初から経済指標情報を提供しておりましたが、更にリニューアルオープンと共に、マーケット概要専用ページにて、その経済指標の予定に合わせて、日付&時間帯は勿論の事、影響を及ぼすとされる具体的な取引銘柄、更にハイ(高)またはロー(低)の予想までも判り易く表示されるといった項目が新たに追加されました。

これでしたら初心者の方も納得!経済指標に関する情報に合わせてトレードを行ってみるのも一つの手として、オプションビットの経済指標情報にも注目頂きたい。

●各オプション取引の御案内
ここからは、オプションビット(OptionBit)で提供している各オプション取引をご案内してまいります。

●デジタル取引(ハイ&ロー)
バイナリーオプションの基本取引(ハイ&ロー)は、オプションビットではデジタル取引と呼ばれております。このデジタル取引とは、今現在の市場価格に対し満期終了時点で上がるか下がるかを予想していく取引となります。

その銘柄の価格が上昇すると判断した場合“ハイ”を選択し、反対に下落すると判断した場合“ロー”を選択します。

基本的にバイナリーオプション取引には欠かせない取引となりますが、国内業者で用いられるラダー式の取引とは違い、あくまでもトレード開始と共に市場価格がターゲット価格となり、その価格に対するハイローなので、これだから海外式のバイナリーは辞められないという、大人気のハイロー取引ルールとなります。

●タッチ取引
タッチオプション取引とは、あらかじめ設定された価格、(タッチアップまたはタッチダウン)のターゲット価格に対し、満期終了時間内にタッチする(届くか)を予測していく取引方法です。このタッチ取引が人気なのは、取引時間内に1回でもよいので、設定価格までに到達すればペイアウトを獲得出来る所にあります。

つまり時間内に「タッチする」かを予想する取引となりますので、こちらもシンプルな取引と言えます。

このタッチ取引のおすすめポイントとしては、市場が荒れた時こそターゲット価格に到達しやすい為、それこそ短時間でペイアウトを確保する破壊力を秘めている所にあります。また、このタッチトレードを設置している業者も減少しているので、そういう意味ではオプションビットのタッチ取引は大変希少価値の高いトレードとなる事でしょう。

●レンジ取引
レンジ取引とは、現在の市場価格に対し、あらかじめ上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアが表示され、満期(終了時刻)の時点で、その範囲内にあるかどうかを予想する取引となります。更に簡単に例えると、満期終了時点で指定された範囲内(エリア内)に収まっていれば、ペイアウトを獲得出来るという取引です。

このレンジ取引は、元々24オプションという業者が開発されたオプショントレードであり、境界やパウダリとも呼ばれておりました。また、このレンジトレードも現在設置している業者も少ないので、タッチ取引同様大変希少価値の高いトレードいえるでしょう

おすすめポイントとしては、市場が荒れず、安定的な値動きこそレンジ取引でエリア内をキープさせ、ペイアウトを確保するチャンスなのです。

●ターボ (短期取引)
ターボ取引とは、その名の通り短時間で判断していく速攻型の取引です。取引ルールは、オプションビットのデジタル取引と全く同じです。ハイ&ロー取引の最速版と思えば納得いく事でしょう。

オプションビット(OptionBit)では、元々60秒間が一番早いとされる最速取引でしたが、2014年11月より更に最速の30秒間が加わりました。

ターボ(短期取引)だけでも30秒・60秒・2分・5分と、短期取引だけでも更に充実さを増しております。最大81%を得る事が出来て、こちらも海外業者には欠かせない取引ですね。オプションビットでも、大人気のオプションターボトレードです。

是非、ご参考ください。

オプションビット(OptionBit)公式サイトはコチラ▼


 

関連記事

  1. オプションビット(optionbit) デジタル取引(ハイ&ロー)

  2. オプションビット(OptionBit)詳細一覧

  3. オプションビット(OptionBit)をモバイルでトレードする方法 ア…

  4. オプションビット(OptionBit)で評判のフォロートレードとは?

  5. バイナリーオプション オプションビット(optionbit)「フォロー…

  6. 海外業者でも安心の日本人による徹底サポート オプションビット(Opti…

PAGE TOP