機能ガイド

オプションビット(OptionBit) レンジ取引

今回は値動きがあまりない時に活用した方がいい取引方法を紹介していきます。
この取引もハイ&ロー取引と同様に海外バイナリーオプション業者さんでしたら大抵のありますが、今回は、その中でも最も管理画面も見やすいサイトのオプションビット(OptionBit)のレンジ取引について説明していきます。

レンジ取引とは?
レンジ取引とは、現在の市場価格(取引を行う時点での相場)が基準となり、その現時点での市場価格を基本ポイントとします。このトレードを選択すると。

この基本ポイントから上昇ターゲットアップエリア、下落ターゲットダウンエリアと呼ばれるエリアが表示されます。

この上昇エリア、下落エリアの内側にいるか外側にいるかを選択して満期(終了時刻)の時点で、その範囲内(エリアに挟まれているか)または範囲外(エリアン外に出ているか)を予想する取引となります。

上の図で簡単にご説明すると、今現在の真ん中のライン市場価格(マーケット価格)1,16635に対し満期終了時に上下のターゲットアップエリア内、今回ならターゲットダウンエリア内1.16456で収まるとしたらローを選択します。

また1,16814のエリアを選択したならローを選択します。要するに、指定された範囲内(エリア内)に取引終了時に収まっていれば、ペイアウトを獲得出来るという取引です。

注目ポイント!
このレンジ取引のメリット
・相場が動かない相場の時に使うのが便利
・レンジ相場になっている銘柄すべてが狙える
・安定している相場を狙うので勝率が高くなる

このように相場が読める方は、このレンジ取引は勝率を上げやすいので相場を荒れていないときに使いやすい取引方法になります。

2018年になり大幅にオプションビット(OptionBit)では管理画面がリニューアルされたので、このレンジ取引もとても行いやすくなりました。

もし興味がありましたらレンジ取引にもチャレンジしてみてくださいね。
オプションビット(OptionBit)公式サイトはこちら↓↓


 

関連記事

  1. オプションビット(optionbit) デジタル取引(ハイ&ロー)

  2. 初心者ならオプションビット ( optionbit) の経済指標カレン…

  3. オプションビット(OptionBit)をモバイルでトレードする方法 ア…

  4. オプションビット(OptionBit)のフォロートレードで活用するポイ…

  5. オプションビット(OptionBit) 各オプション取引&機…

  6. オプションビット(OptionBit)で評判のフォロートレードとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP